スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

銀河眼 説明

まず最初に

愛知CSウィンターで銀河を用いてベスト7になりました
個人戦績は4-3でまだまだでした

少し前、銀河窓というグループを立ち上げました。
その中でいむなさんを代表とする7人のメンバーの支えがあって、決勝Tに進むことが出来ました。本当にありがとうございます。

ここから先に書くことはその銀河窓で学んだことです。
僕1人ではまず間違いなくここまでの構築やプレイングを考えるのは無理でした。
そこを踏まえて、お願いします。

簡単なデッキ説明

メイン



サイドエクストラ




解説
銀河パーツ

これから先この比率を変えることは多分ありません

騎士……初手で引くと致命的に弱いため1枚 様々な手段でサーチ出来るから困らない
光子竜……3でもいいかなと当初思ってたけど、サーチの安定感や初手において動けないことがあるため2
戦士魔導師……潤滑油。3以外あり得ないと思ってます
雲篭……1枚あると奇襲的に相手に攻め入ることが可能 ライオウ突破の最重要パーツ
アクセルライト……初動の安定感に一役買います 後半で引くと弱いですが、前半に引けないとまず後半に行けないことあるので3
銀河遠征……ランク5 ランク8に繋げるコンボカード 発動タイミングは多々あるため3が一番しっくり来ました
銀河零式……遠征の発動条件を満たしたり、即座にエクシーズに繋ぐことが可能 1枚より多く入れると事故に繋がるから1安定


サポート
銀河単体では地力で劣るため、いくつものサポートを投下
どれもこれも非常に強力

アーティファクト出張セット……レベル 属性 どれもが噛み合う最高のカード 神智で妨害した後、戦士光子竜から行けばそのままワンキルまで行ける

威光魔人……戦士に対する増殖するGへの最大の切り札 属性の噛み合い 効果
その全てが対竜に対して最高の効果を発揮します このカードで取った試合は数え切れないほどです 積極的に狙って行きたいカード
メイン投入は苦肉の策といいつつイケイケで狙っていました

メインお触れ
多数の罠を採用しながらもメインお触れ これは奇襲を狙った採用です 上手く機能し噛み合いましたが、真似するのはあまりオススメしません。僕自体が罠を踏むのが下手なので、それに対して出した苦肉の策です

サイド
半分以上が対竜 残りはオーパーツを見ている感じです
特筆して語ることはないかなと思います

エクストラ
こちらもほぼ汎用で固めました 特筆する部分はないです


プレイング案

ワンキルの仕方

ハンド 銀河眼の光子竜 銀河戦士 銀河遠征
光子竜コスト戦士から騎士サーチ
騎士nsから光子竜ss 遠征でレベル5ss
光子竜皇とプレアデスまたはヴォルカエクシーズ

1体除去しながらの9000オーバーのワンキル

銀河の代表的なワンキルです この動きは先行でのパターンに派生可能で

光子竜皇をフェルグラント ランク5をプレアデスにすることで3枚消費からこの2体を並べることができます


先行プラン

初手により変動しますが、まず注意すべきは増殖するG そのためこれをケアする動きを狙います

アクセルライト
初動かつ先行では理想的なスタート 連れてくるのは無論魔導師 ここでパターンが別れます

増殖するGを打たれた場合……サーチして終わりです ハンドによりサーチ対象は変化しますが、戦士を使えるなら遠征や光子竜 光子竜いるなら戦士 等

打たれなかった場合
ハンドに遠征がある場合……レベル上昇効果を使い、発動します。ここで呼ぶのは光子竜です。
ここでGを打たれれば先ほどのサーチで終わり。打たれなければランク8に繋ぐプランも作ることが可能です。相手によってはフェルグラントなどが強いです。
光子竜は非常に場持ちが良いため、横に置くだけでもターンが帰ってくることが多いです

ハンドに何もない場合……サーチで終わり。銀河パーツがない場合は迷わず戦士です。戦士の起動条件が光属性モンスターだけなので、最も簡単に動けるためです。
そこから魔導師サーチ、魔導師から遠征でランク5に繋げることが可能です。

タブーな動き

先行戦士
滅多なことがない限りはやってはいけません。ここに増殖するGを打たれると止まれず死ぬからです。守備が0であるため、場持ちは最悪です。余程罠が強いか、相手のデッキがばれていてハンドに威光があるなどの場合で無い限りはしてはいけません。


先行プラン その他
零式プレアデス
先行で出来るループコンボ あまり決まりませんが結構優秀 しかしそれほど狙うものでもないです

必要初手 アクセルライト 戦士 銀河遠征
アクセルライトから魔導師 魔導師のレベルを上げます
ここで遠征発動 Gがなければここで戦士を連れてきます
戦士のサーチはss全てに対応するので、ここで光子竜を連れてきます
手札の戦士を今のサーチしたカードコストにssしプレアデスを出します
そして魔導師の効果を発動 銀河零式をサーチします
零式発動から魔導師を出し、プレアデスの効果で零式を回収
そしてまた魔導師のサーチ効果を発動し、騎士をつれてきます

零式が装備モンスターから離れると、装備モンスターの効果は復活する その特性を活かした動きです

この時点でハンドは5枚 墓地には戦士光子竜とワンキルに必要な条件が揃います
零式戦士から騎士が可能ですからね


罠の踏み方
銀河は地力が弱いため、罠には滅法弱いです。ここで出てくるのがサポートカード達。
中でも優秀なのが神智モラルタですね。このカードは除去とアタッカーの二つをかね合わせてるので、気兼ねなく戦いに出すことが可能です。
罠を踏めば良し、踏まなくても良し。

リビングデッド
手数の多さに一役買います 相手エンド戦士からサーチ 魔導師から遠征経由でまた戦士出しサーチ ここで除去を浴びてもアドは稼いでます 場に残った戦士はそこで死に、またGを浴びたら素直に土下座が見えますが

王宮のお触れ
最高

伏せに対するエクシーズモンスター
ティラスを出したがりますが、基本プレアデスになります
除去に対してリビデや自身を回収し、もう一度展開に備えます 脱出などを浴びても役割を全う出来、さらにデモチェならばトレミスに進化することが可能です

光子竜ビート
攻撃反応は自身の効果でかわすことが出来るため、結構な頻度でこいつを戦に出します
相手は必ず除去を打ちたがるので、比較的楽に罠を踏んでくれます

サイチェンプラン
対征竜
アーティファクト出張セット全抜きします 理由はモラルタでは間に合わないからです デブリからの展開はどこに除去を当てても手遅れ
よって、鉄壁エレワなどに変更します

対AFオーパーツ
Gが混沌の落とし穴に
実はそれだけ
メインの威光とお触れが実はぶっささってる

代表デッキにはこんなもんなのです

他のプラン紹介
サイバー型
結構メジャーな構築 戦士が光機械のため、サイバーリペアプラントでサーチすることが可能ということを活かした構築

竜のカーガンやオーパーツのネブラを融合で奪うことが出来るのも大きな利点

またコアのssからハンド次第で即座にワンキルに絡むのも強いです

悩むべきは神智との相性の悪さかな


こんな感じー

重ねて御礼を言うと、LINEで発足した銀河窓のメンバーの力がなければここまで来れませんでした

本当にありがとう

そして、これからもよろしくお願いします

いつか、銀河を優勝の覧に載せたい

ではまた


あー、疲れた
スポンサーサイト
Date: 2014.03.02 Category: 遊戯王レシピ Comments (8) Trackbacks (1)

爆撃サイバー

 試作型

モンスター(19枚)

 速攻のかかし×2枚
 先史遺産ゴールデン・シャトル×2枚
 ブリキンギョ×2枚
 サイバー・ドラゴン・ドライ×3枚
 サイバー・ドラゴン・コア×3枚
 サイバー・ドラゴン×3枚
 サイバー・エルタニン
 サイバー・ヴァリー×3枚

魔法(16枚)

 地獄の暴走召喚
 大嵐
 死者蘇生
 機械複製術×3枚
 マジック・プランター×2枚
 フュージョン・ゲート×2枚
 ダブル・サイクロン×3枚
 サイバー・リペア・プラント×2枚
 おろかな埋葬
  
罠(5枚)

 デモンズ・チェーン×2枚
 サイバー・ネットワーク×3枚

エクストラデッキ

 No.61 ヴォルカザウルス
 ギアギガント X
 キメラテック・オーバー・ドラゴン
 キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
 サイバー・エンド・ドラゴン
 サイバー・ツイン・ドラゴン
 サイバー・ドラゴン・ノヴァ×2枚
 セイクリッド・プレアデス
 ダイガスタ・フェニクス
 重爆撃禽 ボム・フェネクス×3枚
 励輝士 ヴェルズビュート

 通常のサイバーの動きに爆撃ができるように構築した感じ。
 ゴールデン・シャトルはランク5へのアクセス。
 かかしは一応ワンキルケア。

 プランターの枚数ゲートの枚数要調整。

 ボンド欲しい。


 ボム・フェネクスの融合コストはダイガスタ。
 ネットワークで大量召喚して爆撃をかまそう。
Date: 2013.12.23 Category: 遊戯王レシピ Comments (0) Trackbacks (0)

アストラルカオスドラゴン

 またの名をアストラル聖刻龍という(*^◯^*)

asutoraru.jpg


モンスター(28枚)

 増殖するG×2枚
 聖刻龍-ネフテドラゴン×3枚
 聖刻龍-トフェニドラゴン×3枚
 聖刻龍-シユウドラゴン×3枚
 聖刻龍-アセトドラゴン×3枚
 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
 ラブラドライドラゴン×2枚
 エレキテル・ドラゴン
 ライトパルサー・ドラゴン×3枚
 ゴーストリック・フロスト×3枚
 カオス・ソルジャー -開闢の使者-
 オネスト
 エレクトリック・ワーム×2枚

魔法(12枚)

 大嵐
 召集の聖刻印×2枚
 死者蘇生
 巨竜の羽ばたき×2枚
 サイクロン×3枚
 RUM-アストラル・フォース×3枚

罠(0枚)


エクストラデッキ

 No.107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)
 No.61 ヴォルカザウルス
 ガントレット・シューター
 サンダーエンド・ドラゴン
 セイクリッド・トレミスM7×2枚
 セイクリッド・プレアデス
 始祖の守護者ティラス
 迅雷の騎士ガイアドラグーン×2枚
 星態龍
 聖刻神龍-エネアード
 聖刻龍王-アトゥムス×2枚
 超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)


デッキ解説

 この環境で勝つために生み出した【カオスドラゴン】と【聖刻龍】の1つの形です。先行牙王を越えるギミックとしてアストラルフォースを投入。
 さらに防御面でG、加えてカオスとの共存を決めるためにフロストと丸く形作りました。

《RUM-アストラル・フォース-》
 このテッキの切り札。使える宛て先は効果を使い終わった《聖刻龍王-アトゥムス》になります。
 変化する先は現在4種採用

 場を一掃し、ワンキルへとアクセスする《サンダー・エンド・ドラゴン》
 手札の聖刻を使うことで相手の場を崩しつつさらなる展開へつなぐ《聖刻神龍-エネアード-》
 アトゥムスで呼び出したレダメの攻撃力を戻しワンキルへつなぐ《銀河眼の時空竜》
 最高打点で、相手の場のエクシーズの枚数によってはエンドカードになる《超銀河眼の光子龍》

 ワンキルギミックは後半に紹介。

《巨竜の羽ばたき》
 罠環境に鉄槌を下す2枚目以降の大嵐。トフェニとの相性は言うまでもない。さらにトフェニは除去を喰らいにくいので比較的通りやすい。

《エレクトリック・ワーム》
 環境が【征竜】【ヴェルズ】に染まりつつあったので投入。基本3枚でワンキルできるデッキなので、効かない相手に引いたらしゃーなしって切り替えてく。でも何故か腐りにくい。


【ワンキルギミック】

 対征竜想定

 相手の場に牙王とかの場合
 こちらのハンド
 トフェニ ライパル アストラル

 トフェニSS
 ライパルNSからバニラSS
 アトゥムス組んでライパルコストにデッキからレダメを出しライパル蘇生
 RUMでアトゥムスをサンダーエンドに
 効果発動
 同時破壊で巻き込まれたライパルの効果でレダメ蘇生ライパル蘇生

 3000+2800+2500

 基本的なワンキル
 羽ばたきと絡めることで相手の場を全壊に追い込めるため強力。
 先行牙王はこれで終焉を迎えます。

 
 先行閃光竜の場合

 ハンド
 トフェニ シユウ 聖刻 アストラル 違うパターンあり。

 トフェニシユウエレキテルからアトゥムス
 アトゥムスからレダメ レダメからトフェニ
 RUMでエネアード
 手札の聖刻と場のトフェニとレダメリリースで閃光竜+何かを破壊
 出てきたバニラ二体でトレミス
 レダメ回収してトレミスに重ねたガイドラ除外からエレキテル蘇生

 3000+2700+2500

 などなどRUMを絡めることでワンキルの破壊力を水増しすることができます。

 キルパターンは派生も多いので是非探してみると面白いかも。


 もう引退勢だから誰かこれ使って入賞してくれないかなと願っていたり。

 それだけが私の望みです(*^◯^*)


 ではまた明日会いましょうー。
Date: 2013.11.29 Category: 遊戯王レシピ Comments (1) Trackbacks (0)

試作:ライデン墓地BF

 とりあえず未完成品

モンスター(28枚)
 
 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
 ライトロード・マジシャン ライラ×3枚
 ライトロード・アサシン ライデン×3枚
 ライトパルサー・ドラゴン×3枚
 フォトン・スラッシャー
 ダーク・グレファー×3枚
 カオス・ソルジャー -開闢の使者-
 カオス・ソーサラー×2枚
 オネスト
 エフェクト・ヴェーラー×3枚
 BF-大旆のヴァーユ×3枚
 BF-精鋭のゼピュロス
 BF-暁のシロッコ×3枚

魔法(12枚)

 大嵐
 増援
 手札抹殺
 死者蘇生
 光の援軍
 禁じられた聖槍×3枚
 異次元からの埋葬
 ソーラー・エクスチェンジ×3枚

罠(0枚)

エクストラデッキ

 BF-アーマード・ウィング
 BF-アームズ・ウィング×3枚
 ガガガガンマン
 ガントレット・シューター
 ギガンテック・ファイター
 スクラップ・ドラゴン
 セイクリッド・トレミスM7×2枚
 ラヴァルバル・チェイン
 炎魔竜 レッド・デーモン
 迅雷の騎士ガイアドラグーン
 天穹覇龍ドラゴアセンション
 竜魔人 クィーンドラグーン


完全にひな形なので、まだまだ調整が必要です。

コンセプトとしてはライトロードギミックで肥やし、墓地BFギミックで展開し制圧で、従来の黒鹿式と変わりません。

ライデンの登場でルミナスを入れてミカエル展開も考えていましたが、エクストラがクライシスするので今はまだ入れておらず。
ミカエルはドラゴン族なので、レダメの対象範囲に入るから採用を真剣に考えていたりします。
他の8シンクロ達にも言えることですけどね。
特に炎魔ライパルでふっ飛ばしてレダメ蘇生の流れは熱い。
熱いけど殴れない悲しみ。

サイクロンより槍を採用してる理由は虚無閃光を一応返せるからです。本当に一応。ほとんど信頼置けないので、すぐにでも変えるべきではあります。
でも正直メインでは詰んでる。
サイドはまだ組んでないけど、エレワと強制転移は必須になってきそう。

アセンションはライパルとライデンで組むことで
アセンション→ライパルライデン
ライパル→レダメ
と破壊耐性オンパレードのマトリョーシカ戦法を組むことができるので色々面白いと思います。

まぁ組んでいく過程で抜けて行きそうではありますが、イラストとか好きなので是非使い道を見出してみたいです。


大体こんな感じ。
でもどうにも速度が遅いこの現状。

最悪剛健とか入れてみようかなとすら思う。


一応要望にあったレシピ上げました。

残念ながらこの構築での大会は自爆間違いないので辞めるべきです。

もう少し弄っていかなきゃねー。


では今日はこんなところでー(*^◯^*)
Date: 2013.11.13 Category: 遊戯王レシピ Comments (1) Trackbacks (0)

宵闇アセンション

 《カオス・ソルジャー -宵闇の使者-》を使ったデッキ第二弾!

 前回の【宵闇ブレード】よりは実戦に通用するであろう構築を今回はご紹介していこうと思います。

 まずレシピはこちら。


モンスター(22枚)

 嵐征竜-テンペスト
 伝説の白石(ホワイト・オブ・レジェンド)×3枚
 青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)×3枚
 金華猫×3枚
 焔征竜-ブラスター
 ラブラドライドラゴン
 ドラグニティ-ブラックスピア
 ドラグニティ-コルセスカ
 カオス・ソルジャー -宵闇の使者-×3枚
 カオス・ソルジャー -開闢の使者-
 ガード・オブ・フレムベル
 エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(19枚)

 竜の霊廟×3枚
 竜の渓谷×3枚
 超再生能力
 調和の宝札×3枚
 大嵐
 手札抹殺
 死者蘇生
 トレード・イン×3枚
 サイクロン×3枚

罠(1枚)

 異次元からの帰還


エクストラデッキ

 クリムゾン・ブレーダー
 スクラップ・ドラゴン
 スターダスト・ドラゴン
 トライデント・ドラギオン
 フォーミュラ・シンクロン
 ミスト・ウォーム
 炎魔竜 レッド・デーモン
 鬼岩城
 幻獣機ドラゴサック
 神竜騎士フェルグラント
 星態龍
 聖刻神龍-エネアード
 閃珖竜 スターダスト
 天穹覇龍ドラゴアセンション
 氷結界の龍 トリシューラ

サイドデッキ

 ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
 王宮のお触れ×3枚
 巌征竜-レドックス
 増殖するG×3枚
 速攻のかかし×2枚
 痛み分け×3枚


回し方!!
 
 基本的ギミックは青眼軸の【征竜】とほとんど変わりません。
 《竜の渓谷》や《竜の霊廟》で墓地を肥やしていき、《伝説の白石》で手札枚数を増やしつつ運良ければ《超再生の能力》をかまして爆アドを生み出していきます。

 このデッキのに置いて征竜は2枚のみ入っていますが、この子たちの役割は基本的に墓地の光闇の枚数調整です。

 宵闇の使者はご存じ糞みたいな召喚条件なので、闇属性は最低限しか入れておらず、光属性を征竜達で減らしながら動いていくことになります。

 基本的に《青眼の白龍》から除外していき、最期にトドメで《異次元から帰還》します。
 決まれば美しい場を作れます。

 基本決まらないのはここは目を反らします。

 因みに【ヴェルズ】にはメインでは絶対に勝てません!


強力なドローソース!!

 このデッキには強力なドローソースが4種類も入っています。

 《調和の宝札》
 《トレード・イン》
 《手札抹殺》
 《超再生能力》
 
 《トレード・イン》のコストは《伝説の白石》が絡めばすぐにコストを連れてこれるので、基本的に腐ることはありません。
 《調和の宝札》も同様で、《竜の渓谷》から二種類のカードを連れてくることで或る程度安定感を持って運用できます。


このデッキにおける簡単お手軽コンボ!!

 《竜の霊廟》で闇属性以外のバニラ+《伝説の白石》を落とします。
 《青眼の白龍》をサーチします。
 《金華猫》を召喚します。
 《伝説の白石》を釣ってシンクロして《フォーミュラ・シンクロン》になります。
 ドロー後《青眼の白龍》をサーチします。

 この時点で手札は7枚であり、墓地にはなんと光闇が一枚ずつで宵闇の召喚条件を満たしています。
 
 先行であるならば相手のハンドを一枚除外してやりましょう。

 そしてこの布陣は《天穹覇龍ドラゴアセンション》の布陣です。

 しかも手札は6枚もあるので一度シンクロしてやれば攻撃力は圧巻の4800になります。

 蘇生効果は付属しませんが、十分強力なモンスターになります。

 別に《竜の渓谷》や《調和の宝札》でもこのコンボは作ることができます!


 如何でしょうか?

 強いと思いませんか?

 僕は思いません。


 どう考えても宵闇入れずに征竜入れた方が強いですから。
 後攻時に相手の場を返す力が圧倒的に足りないんじゃ(*^◯^*)


 そんなこんなで紹介終わり!

 今度こそもうちょっとまともな宵闇デッキを作るぞっと(白目


 いや本当にどうすればいいんだよこのカード……(*^◯^*)
Date: 2013.10.21 Category: 遊戯王レシピ Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

黒鹿

Author:黒鹿
HN:黒鹿
基本的にこのHNで活動してます。
小説関連では稀に黒いトナカイという名前に変わったりします。
遊戯王を結構やってる理系YP。

最近は小説書いたり座禅組んだりもしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鹿の足跡
今其処にいる鹿
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。