スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

SGVコピペ

3月に迎えたルール変更
フィールド魔法の裁定変更、SGVは崩壊した
SGV使いにため息、どこからか聞こえる声「もう遊戯王引退だな」
無言で売り始めるSGV使いの中、SGV使いの黒鹿は独り部屋で泣いていた
JCSで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今のSGVで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」黒鹿は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、黒鹿ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい布団の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってデッキを作らなくちゃな」黒鹿は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、黒鹿はふと気付いた

「あれ・・・?裁定が変わってる・・・?」
ツイッターに飛び出した黒鹿が目にしたのは、タイミングを逃さず巨竜を出せる歯車街の裁定だった
どういうことか分からずに呆然とする黒鹿の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「黒鹿さん、チーム組むぞ、早く行くぞ」声の方に振り返った黒鹿は目を疑った
「so・・・solaさん?」  「なんだデブ、居眠りでもしてたのか?」
「キ・・・キテレツコーチ?」  「なんだ黒鹿、かってにキテレツさんを引退させやがって」
「ナガットさん・・・」  黒鹿は半分パニックになりながらSGV窓を見た
黒鹿 ナガット たまご チョリ いむな sola ……
暫時、唖然としていた黒鹿だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
solaからデッキを受け取り、CSへ全力疾走する黒鹿、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
翌日、部屋で冷たくなっている黒鹿が発見され、solaとガスキーは病院内で静かに息を引き取った
スポンサーサイト
Date: 2014.02.20 Category: 遊戯王 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

黒鹿

Author:黒鹿
HN:黒鹿
基本的にこのHNで活動してます。
小説関連では稀に黒いトナカイという名前に変わったりします。
遊戯王を結構やってる理系YP。

最近は小説書いたり座禅組んだりもしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鹿の足跡
今其処にいる鹿
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。