スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

試作SGVと海皇メモ

やっぱり少し間を置いたのは良かったのかもしれない

個人的には結構手ごたえのある構築になってます

環境ではヴェルズラギアと聖刻とヒロビには好感触
ガジェに対してもメインライオウとスキドレはかなりの威力
ただ虫は戦ってないため不明
身内に虫使いすくなすぎる…


試作SGV

モンスター×13

Sinサイバー・エンド・ドラゴン×3
神獣王バルバロス×3
古代の機械巨竜×1
ヴェルズ・サンダーバード×3
ライオウ×3

魔法×13

王家の眠る谷 -ネクロバレー×2
歯車街×3
テラ・フォーミング×2
強欲で謙虚な壺×3
禁じられた聖槍×2
大嵐×1

罠×14

デモンズ・チェーン×3
スキルドレイン×3
神の警告×2
魔宮の賄賂×1
スターライト・ロード×1
強制脱出装置×3
神の宣告×1

サイド
未調節

デッキ解説

モンスター

―ヴェルズ・サンダーバード

一番思い切って突っ込んだカード ご存じ効果に対して絶大な耐性を持つカード
SGVの弱点の一つとして存在するモンス切れをケアできる性能をもつ
その役割は多岐にわたる
このカードの効果は一度飛んで戻ってこれば その後スキルドレインを貼っても1950ラインから下がることはない(2012年6月24日確認)
スキドレ下で飛ぶことはできないが 一度飛んでおけば打点としては十分と言える
初ターンにおいても 強欲謙虚 テラフォ F魔法の発動など飛ぶ方法は大量にあるためとても相性が良い
今まで疎遠してきたカードであるが 場持ちが良いということは最悪巨竜のリリースコスト 或いはエクシーズに繋げることも可能であるため 天敵にあたるヴェルズオピオンにもたくさんの回答をもつことができる
さらに見逃せない点として上げれるのが ナイトショット対策である
ナイトショットは間に別のチェーンを挟むことで対象にされたカードを発動することができる(2012年6月24日確認)
それはつまり ナイトショットに対し チェーン1でサンダーバードを挟めばチェーン2でスキドレを表にすることが出来るのである このチェーンの順ではサンダーバードは飛ぶことはできないが 事前に1950にしておけば何も問題ない
このようにSGVでは非常に多くの役割をもつため採用したしだいである

―神獣王バルバロス

スキドレ下において30打点へと進化し さらに素の状態でも19打点と言う最高峰の性能をもつカード
このカードをフルで投入したのはまず後述のデモンズ・チェーンとも相性が良い点があげられる
現環境SGVにおいて最も問題視されているサイクロンであるが たとえばサイクロンを裏側のデモチェに当てられればそれにチェーンで対象をバルバにすることで打点を30に戻すことが可能 これはスキドレにもあげられる
さらにもう1つ採用している理由は ランク8へのアクセスがあげられる
まだ未登場であるが 新たなるランク8として素材を2枚しか必要としない4500打点 No22 不乱 建がある
この打点はとても魅力的である デメリット持ちとしてもスキルドレインがあればそれを緩和ができるためレベル8の採用としては十分及第点と言える
Sinスタとどちらにするか悩んだが ガジェのフォートレスとの相打ちや 聖刻のえさにしかならない点 さらに最高の相性をもったラヴァルが減少したため 30打点で相手が突破に一苦労するということを見込んでこちらを優先している

―エフェクト・ヴェーラー未採用

これが最も問題視される点
何故自分がエフェクト・ヴェーラーを未採用にしたのかというと SGVにおいてヴェーラーを投げてどうすんのということをずっと疑問に思っていた点があげられる
サンダーバードの欄にも書いたが モンス切れを起こしやすいこのデッキでは 仮にヴェーラーで止めても切り返しができずに1ターン延命してはい終わりということが多々ある
それならば永続的に維持できるデモチェやスキドレに重点を置いた方が良いのではないかというのが僕の持論として存在していたのである
黒鹿自身のプレイングが下手なのもあるかもしれないが 個人的にはデモチェスキドレを優先していきたい
ただこれでは先行ブンブンを許してしまうと止める手立てが存在しないので そこはまたこれから議論が必要である


魔法

―テラ・フォーミング

モンスの構築をみて分かる通り 巨竜は1枚構築でそれほどF魔法に依存しないように調整されているため必然的にテラフォの枚数も減少
ライオウもフル投入されているため腐り札を減らすというためというのもあげられる




―デモンズ・チェーン

別名サイクチェッカー
本命のスキルドレインを通すために存在する4枚目以降のスキルドレインという認識
虫やラギアに対して非常に有効な札
ただ聖刻に対しては使うタイミングを見極める必要があるため扱いが結構難しいところがある
しかしライオウとセットで置いておけば頑張って出てきたネフテを鎖で縛れるため強いかもしれない
ヒロビに対しては弱点のシャイニングやエクスカリバー1キルに対して打点を下げ対抗することができるため腐ることはあまりない

―賄賂スタロ神宣

このデッキの大嵐ケアできる3枚のカード
基本的に当てるべき相手は大嵐か激流葬などの全体除去
サイクロンに対しては前述のサイクチェッカーがあるためある程度は許容していく必要がある
この3枚みたいな対策がない限りは3伏せ以上はしないことをお勧めですね
賄賂を2枚にしてデモチェを2枚にする方が強いかもしれないため そこらへんの枚数調整はまた大会などでやっていきたいところ



以上がなんか天啓的に降ってきたSGVの構築です
フリーで回した感じはかなり良かったです
ただまだ大会に出たわけではないので これから大会などで戦って調整場所を見極めていきたいです







海皇ギミックメモ


Ⅰ手札にディーヴァ+バードマン

①ディーヴァNSで重装兵SS
②バードマンでディーヴァ回収しSS
③ディーヴァNSで狙撃兵SS
④ディーヴァと重装兵でエクシーズでフェニクス
⑤全員ダイレクトし狙撃兵の効果で突撃兵SSでフェニクス1500×2+バードマン1400+狙撃兵1400+突撃兵2200=8000

相手にモンスいない+ヴェーラーゴーズの妨害を受けないという前提条件下での1キル


Ⅱ手札にディーヴァ+鬼ガエル+水属性

①水属性切って鬼ガエルSS
②鬼ガエル効果で粋カエルを墓地に落とす
③ディーヴァNSで重装兵SS
④鬼ガエル効果でディーヴァ回収
⑤ディーヴァNSで狙撃兵SS
⑥ディーヴァと鬼ガエルシンクロでアームズエイド
⑦粋カエル効果で鬼ガエル除外しSS
⑧重装兵と粋カエルでエクシーズでフェニクス
⑨フェニクスにエイド装着で攻撃 爪フェニクス2500×2+狙撃兵1400+狙撃兵からの突撃兵2200=8600

相手に2400以下のモンスターが2体並んでいても1キルできるギミック


Ⅲ手札にディーヴァ+バードマン+簡易融合

①~②はⅠと一緒
③ディーヴァNSで重装兵SS
④ディーヴァと重装兵でエクシーズでフェニクス
⑤重装兵とバードマンシンクロでレベル5
⑥簡易融合でレベル5をSSしシンクロ体とエクシーズでヴォルカ
⑦ヴォルカで相手のモンス爆破し ガイドラへ
⑧フェニクス効果でガイドラ対象でアタック 2600×2+1500+ヴォルカのバーン=6700+α

相手に1300以上のモンスがいてもできる1キル

今のところ思いついているのはこれくらい
簡易融合とか上手く組み合わせればもっとキルパターン増やせそう

構築点として上げるなら アライブHEROや聖刻らと同じくパーツ集めてバック剥がして1キルって感じになるかな

聖刻より強い面はオピオンやローチに対しては強いところ
反面ヴェーラーに対しては絶望的に弱い

あと何よりディーヴァ依存なため ちょっと構築が難しい
ただ弄れば化けるデッキなのでもう少し煮詰める予定

ではでは






最近簡易融合の汎用性がやべぇ・・・
スポンサーサイト
Date: 2012.06.24 Category: 遊戯王レシピ Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

黒鹿

Author:黒鹿
HN:黒鹿
基本的にこのHNで活動してます。
小説関連では稀に黒いトナカイという名前に変わったりします。
遊戯王を結構やってる理系YP。

最近は小説書いたり座禅組んだりもしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鹿の足跡
今其処にいる鹿
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。