スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

3月17日 第2回中部CS

チーム名:ゼンマイ葬式連合

A.ナガット
B.みゐ
C.黒鹿

使用:征竜

1回戦 征竜○×○
1戦目 先行で《幻獣機ドラゴサック》《光と闇の竜》を立ててエンドしたところ、相手サレンダー。
2戦目 相手のデッキが不明だったので、とりあえず永続メタでサイドから《サイクロン》投入。しかし、相手が征竜でかつ、初手に《大嵐》《サイクロン》3枚のフルコンボをかましそのまま負け。
3戦目先行で《幻獣機ドラゴサック》《光と闇の竜》を立てて 、そのまま押し切り勝ち。

チーム○○○

2回戦 ヴェルズ○○
1戦目 先行で《幻獣機 ドラゴサック》2枚とトークン2枚叩きつけて返したところ、相手が《ヴェルズ・バハムート》で奪おうとしてきたのでそこに《エフェクト・ヴェーラー》を合わせて終わり。
2戦目 先行《ヴェルズ・オピオン》2伏せに、目で追っていた《侵略の汎発感染》ではない方を《サイクロン》で打ち抜き、外道モグラこと《N.グラン・モール》召喚。
殴ろうとしたことろ相手が《エフェクト・ヴェーラー》を合わせてきたのでそのままエンド。返しで《ライオウ》を出してきてアタックされたので効果でどっちも飛ぶ。さらに2枚伏せが追加されていたが、《サイクロン》で本命の《強制脱出装置》を射抜き、そのまま《ヴェルズ・オピオン》を戻しメイン2で圧殺。

チーム-○○

3回戦 征竜×○×
1戦目 こちらハンドに2色しか揃わず、相手が4色揃っていたのでそのまま押し切られ負け。
2戦目 こちらの動きに《増殖するG》を合わせてきたので、ケアとして入れていた《虚無魔人》を叩きつけて勝ち。
3戦目 相手の長考でエクストラターンに入られ、しかもエクストラターンスタートする寸前に相手にエンドフェイズ宣言され、かなり不利な状況に持ち込まれる。
返そうにも《増殖するG》を合わせられそのまま負け。

チーム○××

4回戦 時鳥魔導○○
1戦目 先行《光と闇の竜》叩きつけたところ、相手返し札なかったようでそのまま勝ち。
2戦目 相手《魔導書の神判》発動。《グリモの魔導書》を加え発動し、《魔導書士バテル》を召喚、《セフェルの魔導書》を加え発動。《ゲーテの魔導書》を加え、《魔導書院ラメイソン》発動3伏せで、エンドフェイズに《魔導教士システィ》から《魔導法士ジュノン》を加える動きで返してくる。
こちら《サイクロン》打つもブラフの《ヒュグロの魔導書》を抜いてしまいピンチになる。《幻獣機 ドラゴサック》を立てたところで《ゲーテの魔導書》を貰い、仕方ないので強引に《ブラックフェザー・ドラゴン》を立てる。
相手ここで伏せてある《神の警告》を撃てば勝ちだったのだが、ブラックフェザーの意味に気付かずスルー。
返しでリリースして《闇のデッキ破壊ウイルス》を叩き込んでそのまま勝ち。

チーム×○○

5回戦 ホリサマー征竜×--
1戦目 ハンド事故りながら、起死回生の《瀑征竜 タイダル》除外《七星の宝刀》を打ったところ《瀑征竜タイダル》《水征竜 ストリーム》を引く。
仕方ないので《D・D・R》を経由し《水精鱗 ガイオアビス》立ててエンド。
しかし《N0.11 ビッグアイ》を無効にするも《デブリ・ドラゴン》経由の《ブラック・ローズ・ドラゴン》でふっ飛ばされ、色の種類の差で押し切られ敗北。
この段階でチームが勝っていたので分けて終わり。

チーム○○-

6回戦 ヴェルズ○○
1戦目 先行で《幻獣機 ドラゴサック》×2とトークン×2の場を築き、手札には《大嵐》《エフェクト・ヴェーラー》があったので負ける気がせず勝ち。
2戦目 先行《N.グラン・モール》2伏せエンドされる。こちら《七星の宝刀》があるものの大型がいず《封印の黄金櫃》2枚で《焔征竜ブラスター》《巌征竜 レドックス》を除外し、それぞれをサーチしノーガードエンドする。
相手《ヴェルズ・オピオン》と1伏せを追加しエンド。
こちら先のターンでサーチした《巌征竜 レドックス》除外で《七星の宝刀》を撃ったところ《大嵐》を引いたため《ボマー・ドラゴン》をサーチし伏せ三枚に叩きつける。
そのまま《ボマー・ドラゴン》《ヴェルズ・オピオン》を処理し、メイン2で《幻獣機 ドラゴサック》を作り《N.グラン・モール》を処理して勝ち。

チーム×○○

決勝1回戦 魔導○○
1戦目 こちら先行《光と闇の竜》を立てる。相手ノーガードエンドしたので、《光と闇の竜》で一撃与える。
次の相手ターン《お注射天使 リリー》を召喚し、《ヒュグロの魔導書》チェーン《月の書》《光と闇の竜》をひっくり返してくる。
その後、《魔導書の神判》からの《グリモの魔導書》《ゲーテの魔導書》をサーチし、《セフェルの魔導書》《ヒュグロの魔導書》をコピーし、殴ろうとしてくるもメイン終了時にこちらは《エフェクト・ヴェーラー》を投げる。相手長考したがそのまま殴らずエンドフェイズへ。
エンドフェイズ時、《昇霊術師 ジョウゲン》ではなく、《魔導教士 システィ》の動きをして終了する。
こちら返しで《光と闇の竜》がひっくり返っているので2体征竜追加する。相手何も発動しないので《光と闇の竜》を反転召喚し、征竜を除外し《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》追加。
相手5200しかなく、1伏せリリーのためそのまま押し切り勝利。

2戦目 相手1伏せエンドに対して、こちらハンドにはサイク+櫃+3征竜という状態だったので、サックタイダルブラスターの28+26+26のワンキルを叩き込んで勝ち。


結果

A.ナガット○-○×○××
B.みゐ ○○×○○○×
C.黒鹿 ○○×○-○○

の個人5-1-1 チーム5-2のベスト7でした。


プレイング面ではおおむね問題はなかったと思います。ライダーはまだメジャーでなかったため、その面でのアドバンテージが大きかったのもこの勝率の起因でした。
今後の環境ではライダーメタを詰んだ征竜、ジョウゲンを主軸に構えた魔導が来ると思われるので要注意かなと思います。
スポンサーサイト
Date: 2013.03.21 Category: 大会結果 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

黒鹿

Author:黒鹿
HN:黒鹿
基本的にこのHNで活動してます。
小説関連では稀に黒いトナカイという名前に変わったりします。
遊戯王を結構やってる理系YP。

最近は小説書いたり座禅組んだりもしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鹿の足跡
今其処にいる鹿
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。